防音室の工事価格(コスパ)と性能保障はバドシーン!
防音室施工のバドシーン

東京、埼玉、神奈川、千葉で
安心の性能保証
オーダーメイドの防音室工事

03-5830-7440 03-5830-7440

お知らせ

【施工事例】TV壁掛け&埋込みスピーカー ~埼玉県草加市 T邸~

2011年14件目のインストールをご紹介いたします♪
R0015560.jpg


今回のお宅は、リビングとダイニングにそれぞれTVの壁掛けと埋込みスピーカーの設置を行いました。
まずはリビングをご紹介いたします。
R0015550.jpg
TVは壁掛けにしているので、背面に情報コンセントを設け、配管を通してHDMIケーブルと音声ケーブルを通しています。機材は後ろに設置しているため、見た目がすっきりとしています。
埋込みスピーカーは天井の色に合わせて黒く塗装してあります。
R0015548.jpg
次はダイニングです。
R0015555.jpg
こちらも同様に壁掛けをしていますが、ダイニングテーブルやキッチンからの目線を考慮して若干高めに設置してあります。
こちらは音声ケーブルのみ通線して埋込みスピーカーから音がでるようにしています。
将来的にブルーレイレコーダー等を接続できるように、予備の配管も通してあります。
横から見ると奥にアンプが見えます。
R0015556のDTS
こちらのダイニングでは、ダイニングテーブルの真上と、キッチンの上に埋込みスピーカーを設置し、
アンプ側で出力の切替えができるようにしてあります。
R0015561.jpg
もちろん、ダイニングのみ、キッチンのみ、両方と切替が可能です。
埋込みスピーカーは1個でステレオの音声が再生可能なモデルを選択しています。
5.1chのような音の定位や広がりを得るためには向きませんが、
BGMシステムや視聴位置が限定されていてピンポイントで音を出したい場合には有効です。
キッチンでの埋込みスピーカーですが、
実は奥さまからのご要望が多く、洗い物やお料理中は水の音などでTVの音があまり聴こえないようです。
アンプによっては、5.1chとは別に1箇所(もしくは2箇所)スピーカーを追加できるモデルもあります。
専門用語でZONE(ゾーン)と呼びます。
たとえばご主人がリビングで5.1chのBDやゲームの音声を再生しながら、
奥さまはキッチンで家事をしながらTVの音声を楽しむといったような別々の音声を再生することもできます。
もちろん、すっきり収めるためには設計段階からの計画が必要ですので、
こんなことできないかな~と思ったらまずはご相談ください♪
☆今回使用した機材(一部施主様支給)☆
【リビング】
埋込みスピーカー/NILES CM730(黒塗装)
プリメインアンプ/DENON PMA-390SE
TV/東芝 REGZA
BDレコーダー/SHARP
【ダイニング/キッチン】
埋込みスピーカー/NILES CM730si ×2
プリメインアンプ/DENON PMA-390SE
TV/SHARP AQUOS
5.1chホームシアターに関するお問い合わせはこちらまで
防音室施工 Budscene

お問い合わせページ