防音室施工のバドシーン

東京、埼玉、神奈川、千葉で
安心の性能保証
オーダーメイドの防音室工事

03-5830-7440 03-5830-7440

お知らせ

埼玉県鳩ケ谷市 防音ピアノスタジオ

個人の練習と癒しの空間を兼ねた、ピアノスタジオが完成しました。
今回ご紹介する防音室は、Budsceneでは初めての施工方法で作製した防音室です。
コストを抑えることと、施主様が希望する遮音性能を重視し、浮構造(ルームインルーム)では無い
防音室を施工させていただきました。
施工している内容を簡単に説明させていただくと、建物の躯体壁・天井・床に防音に適した素材を貼りつける事で、
建物自体が持つ本来の遮音性能を高め、防音室として部屋作りを行いました。
施主様の希望は、昼間に思いっきりピアノ演奏を楽しめる部屋が作りたい!との事でした。
どんなピアノスタジオが完成したかというと・・・・・ M邸 防音室 写真2


部屋への入り口は防音ドアを利用するのでは無く、大きなサッシを2枚利用しました。
M邸 防音室 入口写真
主照明は蛍光灯を利用し、光源を隠すための造作を行っています。
部屋をなるべく広く使えるよう、ピアノのレイアウトなどは施主様から色々と提案をいただき、
ピアノ位置に合せて吸音材や照明の配置を決めていきました。
M邸 防音室 写真1
吸音材のカラーリングは施主様の好きな色を選んでいただきました。
ブルーとグリーンの中間色に、グレーを入れてみました。
M邸 防音室 写真2
遮音性能は500Hzで50dB以上減衰を確保しましたので、昼間に思いっきり演奏を楽しんでいただけます。
夜間でも近隣の環境によっては大丈夫な数値ではあるのですが、建物の外部でピアノ演奏しているのが
把握できてしまう数値なので、様子を見ながら施主様には演奏の時間帯を決めていただく事になっています。
Budsceneでは施工してこなかった簡易的な防音室でしたが、Budsceneが持つテイストや性能への考えを
しっかりと表現でき、完成した部屋にも満足できる性能を確保できたため、今後防音室ラインナップに加えていきます。
ただ…集合住宅の場合には、固定伝搬音の処理ができない今回のような防音室をお勧めする事はありません。
理由は、上下階・隣室となると浮構造が必ず必要だからです!
オーディオにも興味を持っていただいた施主様でしたので、
また視聴できる機器などを持ってお邪魔させていただきます。

防音室に関するお問い合わせはこちらまで↓

防音室施工 Budscene

お問い合わせページ