03-4400-7678 お問い合わせ

防音室工事のバドシーン

TOPICS

おうち映画を10倍楽しむ方法① 「今さら聞けない5.1chサラウンドってどんなもの?」

おうち映画でなにより一番に「音」を楽しみたいという方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな音を最大限に楽しむ5.1chサラウンドについてご紹介していきます。

 

5.1chサラウンドとはどんな音?

5.1chサラウンド(ゴー・テン・イチ・チャンネル・サラウンド)この言葉を一度は聞いたことたことがあると思います。
これはどんな音なのかというと、立体的な音響のことです。

映像で人が右から左に走り抜ければ、右から左に音が移動したり、空を飛んでいるヘリコプターの音は背後から聞こえたりと。

通常のテレビの左右のスピーカーだけではなく、様々に設置されたスピーカーから音が出る事で、臨場感のある立体的な音を感じることが出来ます。

5.1chの「5.1」って何?

 

ズバリ数字はスピーカーの数を表しています。

通常左右の2つのスピーカーがありますが、それにプラスして前面中央に1個、座る位置より後方の左右に2個。
そしてサブウーファーという低音補正用のスピーカーを0.1個と表現して、5.1chと呼ばれています。

サブウーファーの設置ポジションは決まっていないので、6chという表記ではなく5.1chという表記になっています。
例えば、低音でソファごと揺らしたいという方はソファの真横に置くと、音の振動が伝わり臨場感を味わえます。

様々な5.1chを楽しもう

映画鑑賞の場合…
5.1chで、映画館に近い音が実現できます。
例えば画面で右から左に向かって主演がセリフを喋りながら歩くようなシーンがあるとすると、音は右前のスピーカーから真ん中のスピーカーに徐々に移動して行って、最終的には左のスピーカーを抜けていくというように映像を空間で表現することが実現できます。

ライブ鑑賞の場合…
前の3つのスピーカーではステージ上の音が、後ろ2つのスピーカーでは観客の声援や拍手、更には会場に跳ね返る残響音まで上手く表現されているコンテンツもあります。5.1chで見る事で、ライブ会場の臨場感を体験できます

スポーツ観戦の場合…
例えばサッカーの試合だと、前の3つのスピーカーでフィールドの音を出し、実況中継の声を真ん中のスピーカーから出し、後ろ2つのスピーカーではファンの声援や応援の音が流れ、まるで試合会場の真ん中にいるような感覚で見ることができます。

 

5.1chはどこにある?

5.1chがどんなスピーカーなのかはお分かりいただけたかと思います。
では、その5.1chを楽しめるコンテンツはどこにあるでしょうか?実は身近なところに溢れています。

・映画Blu-ray、DVDのほとんどが5.1chに対応
・Netflix/Amazonプライム/U-NEXTなどの映画配信系コンテンツも5.1chに対応
・アーティストのライブディスク等も5.1chで収録されています
・地上デジタル、BS/CS、生放送も5.1chで対応している場合あり
・オリンピックやワールドカップ、世界規模の大会も5.1ch放送
・サッカーやプロ野球も5.1chで楽しめます。
・PS4/PS3/Nintendo Switch/Wii Uなどのゲーム機本体も5.1ch対応。もちろん多くのゲームが5.1chに対応しています。

 


 

ここまで読んでいただくと、5.1chで楽しまないともったいない!
そんな気持ちになられるのではないでしょうか
次回は、5.1chを楽しむためのスピーカーのお手軽な購入・設定方法について
ご紹介いたします。

 


 

この内容はYoutubeでも配信させていただいております。
よりわかりやすくお話しさせていただいておりますので、ぜひご覧ください。

Youtube  Budsceneチャンネル

CONTACT