03-4400-7678 お問い合わせ

防音室に最も重要な「重さ」と「防振」のお話

防音室を作りたいと思った時、既存のお部屋にどんな施工や工事をすれば良いのか迷われるのではないでしょうか。
防音室を知るにはまず「音」を知ることが大切です。

今回は少し難しい内容もありますが、防音室作りには欠かせないノウハウになります。

防音室に必要な重さと防振

防音室に必要な物、それはたった2つの事です。

「重さ」 ・・・質量
「防振」 ・・・振動を防ぐ

この2つのことを徹底的にやれば、ピアノスタジオから和太鼓のスタジオだって作れてしまいます。

弊社バドシーンは、この重さと防振の知識とノウハウを武器に徹底的な防音施工を行っているのですが、それではなぜ音を防ぐのには、重さと防振が必要なのでしょうか?

その理由を今回は紐解いて行きます。
そして重さと防振の話の前にまずは「音」について知る必要があります

ではなぜ重さと防振が必要なのでしょうか?
それを知る前にまずは「音」について知る必要があります。

目には見えない2種類の音を知る

私たちが普段耳にしているさまざまな音には2種類の音が存在しています。

空気伝播音(空気で伝わる音)

空気伝搬音(くうきでんぱんおん)とは、空気で伝わる音の事です。
例えば、目の前で喋っている人の声は、相手との間にある空気の振動が波形となり伝わって自分の耳に届いています。

テレビやスピーカーから流れる音も空気の振動を伝って聞こえています。
もちろんピアノや管楽器なども空気伝搬音を発生させます。音の振動が波形となり響となって耳に聞こえているのです。

固定伝搬音(振動で物体から伝わる音)

固定伝搬音(こていでんぱんおん)とは、振動で物体から伝わる音の事です。
例えば、足音やテーブルを叩く音など、物体を通して伝わってくる音のことです。

もっとわかりやすいのは、子供の頃作って遊んだ糸電話。
紙コップに繋がった糸がピンっと張った状態で喋ると、その音の振動は糸に伝わり相手の紙コップまで届き聞こえます。

この二つの音で注意しなければいけないのが、空気で伝わっていく空気伝搬音も何かの物体にぶつかった瞬間にその物体を揺らすので、固定伝搬音が発生しているという事です。

逆に物体の振動で伝わった固定伝搬音は同時に空気を振動させるので空気伝搬音も発生しています。

普段耳にしている音というのは常にこの空気で伝わる空気伝搬音と振動で伝わる固定伝搬音の両方が発生しています。
この音の違いを理解した上で防音することを考えていきます。

空気伝搬音を防ぐには「重さ」

空気で伝わる空気伝搬音を防ぐには重さが重要にになってきます。

例えば音の強さを表すdB(デシベル)と音の周波数を表すHz(ヘルツ)を用いて、500Hzで35dB音が減衰する防音室を作りたい時に、壁、床、天井の1平米(1m×1m)に何キロの重さをかければ35dBの音が防げるかを示した法則があり、それを質量則と言います。

各周波数事に減衰させたい数値に対して必要な重さが質量則で決まっているのです。
バドシーンでは、この質量則を元に防音室の試作を作り、検証を重ねて空気伝搬音を防ぐための資材の重さを計算していきます。

固定伝搬音を防ぐには「防振」

物から伝わる音、固定伝搬音を防ぐには振動を防ぐ「防振」が重要です。

空気伝搬音で伝わる音は床や壁、天井などに当たった際に空気で伝わる音から物から伝わる音の固定伝搬音に変わります。
つまりお部屋に発生する音が外に漏れるのは、床や壁、天井が振動するからなのです。

この振動を防ぐために 建物自体に振動を伝えないよう空気の層を儲けたり、振動を伝えない最適な材料や施工方法を用いて徹底的な防振を行い、固定伝搬音を防ぎます。

音を減衰する分だけ重くなっていく防音室

 

空気の振動で伝わる音を重さで、物体の振動で伝わる音を防振で防ぐ防音室を作っていく時、施工前の元々のお部屋が500Hzで35dB減衰の遮音性能を持った、重さは30kg/㎡のお部屋だと仮定し、そのお部屋の防音効果を5dB上げて40dB減衰の部屋にしたいと思った時、防音工事に必要な重さは倍の60kg/㎡が必要になります。

さらに防音効果を5dB上げて、45dB減衰の防音室にしたいとなった時には、更に倍の120kg/㎡の重さが必要になります。
5dB減衰性能が上がる度に倍々に重さが必要になり、小さな面積にどんどん重量が乗るわけですから、計算上だけで考えると現実的には非常に難しい工事になっていきます。

 

防音室はミルフィーユのように作る

 

そんな時、プロの防音メーカーがどうするかというと、質量則(1平米に何キロの重さをかければ35dBの音が止まるかという法則)を使って、質量則から使う素材を変え、部屋をなるべく狭くしないように、なるべく薄い壁で済むように考え計算し、いくつもいくつも防音層をミルフィーユのように重ねていく事で、理想のお部屋に近づけていくのです。

これはただ闇雲に防音層を重ねれば良いとい事ではなく過去の経験値とノウハウで実現出来るものになります。

まとめ

防音室を作るには「重さ」と「防振」の対策、設計を徹底的にやる事で、ピアノが弾ける部屋から和太鼓が叩ける部屋までどんなお部屋でも作ることができます。

これから防音室を検討していらっしゃる方は、ぜひしっかりとした知識と技術と検証を持つ防音メーカーを選んでください。
もちろん弊社バドシーンは自信を持ってご相談にお応えします。

 


 

この内容はYoutubeでも配信させていただいております。
防音に関するさまざまな知識をわかりやすくお伝えしています。
ぜひチャンネル登録ください

防音アドバイザー /並木勇一チャンネル

BACK 一覧に戻る

CONTACT