03-4400-7678 お問い合わせ 施工事例

【クローゼット 簡易DIY】吸音材はどのような効果がありますか?

吸音材 防音DIY

(*1) クローゼットをつかった簡易的な防音室をつくるとき、吸音材をつかうか迷っています。
(*2) 遮音シートと吸音材を合わせて使ったとき、吸音材自体の効果はないのでしょうか。

将来、防音室を作る検討をしています。

現時点では賃貸に住んでおり予算もないため、自宅のクローゼットに防音加工をして、簡易的な防音室を作ろうと考えています(*1)。そこで、YouTubeの動画で拝見したように、重さを重視して遮音シート+OSB合板かコンパネを考えています(*1)。しかし、他の方の動画で、「吸音材だけでは効果は薄いが、遮音シートと合わせて使うと効果を発揮する」と言うのを見て、やはり吸音材も使うかどうか迷っています(*1)。

遮音シートと合わせて吸音材を使ったとしても、吸音材自体の効果はないのでしょうか(*2)。

防音室も防音DIYも、ゴールからの逆算です!
現在の壁に内装下地を取り付けて、その上にOSB合板やコンパネという考えであれば、内部に吸音材を設置するのは効果的です。吸音材の利用方法がこの形で無い場合は、お部屋の音の響きを調整する為、お部屋完成後に吸音材を利用する形になります(*1)。

「防音はあくまでも音を防ぐこと」であり、音が無くなるわけでは無いので、DIYをおこなった壁・天井・床から跳ね返ってくるとお考えください。よって、この響く音を調整する為に吸音材を利用します。(*2)

吸音材を内装の中に埋め込むと、素材同士の間で起こる“太鼓現象の軽減効果”があり、遮音性能の効果的な向上に繋がります。吸音材を内装の外(見える位置)に取り付けると、お部屋の“音の響きを調整する役割”があり、跳ね返りの強い音を吸収してくれます(*2)。

上記のように吸音を考えていただくと、無駄なコストをかけずDIYが出来ますよ!

詳しく教えていただきありがとうございます。反映させて組み立てて行こうと思います。
将来、防音室を作る際はお世話になりたいです。ありがとうございました。

将来、楽しみにしております^^
不明な点などございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

BACK 一覧に戻る

CONTACT