https://budscene.co.jp/wp-content/themes/budscenehttps://budscene.co.jp/wp-content/themes/budscene 【テレワーク 対策】ウレタンと遮音材で防音DIYを考えています。|防音室工事のデザインと性能保証のバドシーン
03-4400-7678 お問い合わせ 施工事例

【テレワーク 対策】ウレタンと遮音材で防音DIYを考えています。

吸音材 防音DIY

(*1) ウレタンと遮音材の、遮音性能について教えてください。

防音のことについてご相談したいことがあり、連絡させていただきました。

現在、テレワークをしなければならないのですが、家庭の事情で防音室を検討しており、できれば自作で何かできないか考えています。色々調べた結果、ウレタン(吸音材)と遮音材で個室の防音室的なものを作れたらと思っているのですが、

1、ウレタンと遮音材の二つで、それほど大きくない話し声はどの程度解消されるのか(*1)
2、ウレタンの厚みは何㎜必要か

この点についてご回答いただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。

メッセージありがとうございます。

ウレタンに関しましては、音の響きを調整する素材となりますので、防音効果には大きな影響は無く、テレワークの際のリモート会議などで声が反響してしまうなどの不具合が発生した際に、効果的な素材となります。また、遮音材としてインターネットなどで拡散されている素材の遮音効果は、高いと言えないのが現状です。(*1)

よって、部屋を構成する素材は、コスパも考えると石こうボードが良いと思います。
DIYで木製の軸組をして、石こうボードを貼るような作業は出来そうでしょうか?

詳しいアドバイスありがとうございます!

石こうボードを木製の板などに貼り付けたものですと、どれほどの防音効果が期待できるかなど教えていただいてもよろしいでしょうか?(*2)また、ネットで石こうボードについて調べたところ厚さも様々だったのですが、何㎜程あれば、そこまで大きくない話し声を防音することができるかも知りたいです!(*2)

木材をサンドイッチする形で、石膏ボード(プラスターボード)12.5㎜を両面に貼ってもらえれば、現在のお部屋の壁と同等の性能が確保できます。音を漏らしたくない壁から、60㎝以上距離を取ってお部屋を構築できれば、人の話し声であれば、隣室でほぼ聴こえないレベルまで音を減衰できます(*2)。

※出入り口からの音漏れが大きいと、上記のような性能が確保できない為、ご注意くださいませ。

関連動画

【賃貸防音対策】集合住宅で聞こえる生活音は2種類あります!それぞれの特性と対策をお話します
【防音DIY】プロが考えるDIYの防音間仕切り作ってみた動画!
吸音パネルでは「防音効果ありません」間違った知識でDIYをしないでください!
BACK 一覧に戻る

CONTACT

防音アドバイザー 並木勇一チャンネル YouTubeで防音について
動画でわかりやすく情報発信しています