03-4400-7678 お問い合わせ 施工事例

【20㏈減衰 防音DIY】アドバイスが欲しいです。

カラオケ 戸建て 木造住宅 防音DIY 防音対策

(*1) 20㏈減衰を目標に、コスパの良い施工方法などアドバイスいただきたいです。
(*2) 壁に石膏ボード12.5㎜とMDF合板を考えています。2重に貼る場合どの組み合わせがいいですか?
(*3) 階下は無いですが、床の防音対策は必要ですか?
(*4) 60㏈漏れる音がある場合、20m離れた隣家だと何㏈位減衰しますか?

はじめまして。防音DIYを検討しています。
一般的な木造10畳の平屋で、隣接家屋とは15m位離れています。

とりあえず室内壁から施工したいのですが、現在貼っている石膏ボードに、増設で合板を貼ってみようと考えています。MDFやコンパネなどの中で、1番防音性能が高いのはどんな種類ですか?
出来るだけ薄くコスパが良い材料、施工方法などアドバイス頂けたら有難いです。樽木で壁をふかし、グラスウールを入れるのがいいですか?-20㏈が目標です。用途はカラオケです。(*1)

宜しくお願い致します。

メッセージありがとうございます。

現状の建物の性能を30㏈から35㏈と想定すると、20㏈の+αはなかなか大変な工事ですよ。45㏈までは、壁や床や天井に、素材さえ貼り付けていければ性能が確保できてくるのですが、それ以上の性能を求める場合には、浮構造での施工が必要になってきます。この浮構造は材料の重さのパフォーマンスを生かす上でも重要です。

床・壁・天井から建物の構造に伝わらないように施工し、1平米あたりの重さを30㎏以上にすれば、ご希望の性能に届くと考えます。窓やドアは、壁など以上にケアが必要です!(*1)

有り難う御座います。
とりあえず、石膏ボード12.5㎜、MDF合板を考えていますが、二重に貼る場合どの組み合わせがいいですか?(*2)

組み合わせは素材が違う方が好ましいのですが、重さが増した方が効果は大きい事が多いです。よって、石膏ボード12.5㎜+MDF11㎜の組み合わせをおすすめします。(*2)

現在の壁に直接素材を貼るのは、非常に防音の効果が悪くなりますので、①空気層を設ける、②下地を立てる(下地と下地の間にはグラスウール充填)、③石膏ボードやMDFを貼る、というように必ずしてくださいね。

後は、防振床をどう作るかですね。天井は現在も苦情が来ないなら、手を付けなくても良いかもしれないので。

有り難う御座います。大変参考になりました。

参考になっていたら嬉しいです!

昨日は有り難う御座いました。上記の仕様で何デシベル位の減衰が見込めますか?
平屋なので天井は大丈夫だと思うのですが。床も階下は無いですが、対策は必要ですか?(*3)

壁厚10㎝以内のDIYで施工でき、効率が良い仕様を教えて頂けたら有難いです。宜しくお願い致します。

床は下への音漏れを防ぐというわけではなく、振動によって伝わる音を壁に伝えない様にするために施工するのです。我々プロが防音室を作る際には、施工しない面はひとつも無いのです。
風呂桶理論という動画を観てみてください。恐らく45㏈程の減衰が500㎐で確保できるはずです!(*3)


https://youtu.be/JIZzUUbvTqA

(写真添付)
この構造でほぼ-60㏈らしいですが、正しいですか?

こちらは透過損失値で60㏈です。
実測値では、60㏈は確保できませんよ。

回答有り難うございます。
質問ですが、距離による減衰は20ⅿ離れた隣家だと、何㏈位減衰しますか?60㏈漏れる音があった場合、敷地境界線が20ⅿの場合です。(*4)

宜しくお願い致します。

60㏈の漏れというと、建物外部で一般的な話し声が発生している形ですね。
距離減衰は周波数によって異なるのと、壁など反射する建物などが無かった場合には、中間の500㎐で20ⅿの距離があったら、7㏈から10㏈は減衰すると考えて良いと思います。(*4)

BACK 一覧に戻る

CONTACT