03-4400-7678 お問い合わせ 施工事例

事例②-コンテナにドラム防音をしたい-

コンテナをドラム防音室として使いたいのですが、大丈夫でしょうか?

防音のお悩み・質問コーナー。
今回のゲストは、ロックバンドThe Bouonのドラマー・Bさんです。
では、お悩み・質問をどうぞ!

自分専用のドラム・スタジオとしてコンテナを防音室に改造しようと考えているんですが、どうでしょう?

Goodなアイディアだと思います!
ただしドラムのような打楽器は、低音かつ音量が大きいので防音しにくいですよ。

えっ、そうだったんですか?!
音量はわかるんですが・・・何で低音だと防音しにくいんですか?

音が振動だということはご存知だと思うのですが、低音だと波長が長くて、ものを震わせる回数が少ないんです。
ということはつまり、物を動かすためのエネルギーをあまり使わないということです。
だから低音だとエネルギーが中々減らずに音が弱くなりにくいんですよ。

壁の厚さと波長の違い2

また、波長が長いと何か物体があっても回り込んでそのまま進んでしまう、ということも低音に対する防音を難しくさせる要因です。

確かに、音楽をかけている車から聞こえてくるのはリズム隊の「ズンズンズン」という音ばかりです。
よくライブでも「ドラムの音が一番存在感がある」という感想をいただけるんですよ♪

それでは、ドラム防音室にはどのくらいの防音性能が要るんですか?

弊社ではドラム用の防音室には45 dB減衰の性能を確保しています。
(詳しくは【戸建て住宅】楽器別の防音室の性能をご参照いただければと思います。)
ただし、コンテナだと一般の戸建てと同じ防音室施工をしても性能が落ちるはずです。

それは何故なのでしょうか?

建物の外へ伝わる音を考えた時、音は一度防音室で弱まった後、さらに建物の外壁を通過し、そこでも再度弱まります。

外への防音

戸建てとコンテナでは、その「建物の外壁」段階での弱まり具合が違うんです。
コンテナの方が一般の戸建てより遮音性が低いので、音が弱まらずに外へ出ていきやすくなります。
建物の外へ伝わる音を考えた時、音は一度防音室で弱まった後、さらに建物の外壁を通過し、そこでも再度弱まります。

もっとも、これが同じ建物の中への防音なら話は別です。
音が建物の外壁に到達する前に防音性が必要になるので、防音性は防音室の性能だけで決まります。

 内への防音

だから私たちは防音室の性能を決める際に、発生する音量を想定する他、どこに対して防音したいのかということも合わせて考えます。

なるほど!
闇雲に防音室の性能を上げるのではなく、最終的に音が防げればOKなんですね!

そうです、そうです!
性能が高くなると費用も上がってしまいますしね。

こちらの財布事情も考えてくださり、ありがとうございます!
これから売れていく予定なので、ありがたいです(笑)

ちなみに、コンテナだと具体的にはどのくらいの性能が得られるんですか?

コンテナ自体の防音性能は15 dBほどと予想されるので、防音室性能45 dBと合わせて最終的に60 dBほどの防音性能を得られるでしょう。
この場合、ドラムの音は100 dBほどであるので、40 dBほど漏れてしまいます。
昼なら雑音が大きいのでドラム音も紛れますが、シーンとした夜に演奏するのは厳しいかもしれません。

ちなみに、一般的な戸建てだと家の壁の防音性能は20 dBほどですので、防音室性能45 dBと合わせて65 dBの防音性能を得られます。
この場合、ドラムの音量が100 dBでも家の外には35 dBくらいしか聞こえません。
これは夜に発生している雑音全般と同じくらいの音量なので、夜でもドラムの音が気にならないはずです。

隣の家まで50 mは離れているので、60 dBも減衰できれば十分です!

低音は弱くなりにくいので、50 mくらいの距離であれば音が届いてしまうと思いますよ。

そうなのですか。
では、ベースドラムにクッションを入れて圧を下げることで対応できませんかね?!

ミュート機能では音の伸びは短くなりますが、衝突音が小さくなるわけではないんです。

これもダメでしたか(T T)
あっ!「コンテナ→自分の家→ 隣家」という位置関係で、僕の家を挟むというのはどうですか?

低音は波長が長く、障害物を回り込んで進むので、そこまで効果は得られないかと・・・。

それじゃあ、ひょっとして八方塞がりなのでは?

そこで原点に戻りますが、基盤となる防音室施工で性能を着実にクリアしていくことが大切となります。

ドラム用の防音室を施工するには、部屋の容量が大きくなければなりませんが、その点はどうですか?
コンテナの大きさはどのくらいを考えていますか?

20 ft(フィート)コンテナを考えています、
大まかなサイズは、長さ6. 0 m×幅2.3 m×高さ2.3 mで、中の広さは8.5帖ほどです。

ドラム用の防音室を施工すると、コンテナの内寸から壁1面につき35 cm(合わせて70 cm)ほど、床は25 cm、天井は30 cm狭くなります。
(詳しくは防音室を施工すると壁〇cm・床〇cm・天井〇cm狭くなります!をご参照ください。)
20 ftコンテナだと幅が1.6 mほど、高さが1.75 mほどになりそうですね。
ドラムセットを設置するには、1.5 mほどのスペースが必要なのでギリギリというところでしょうか。

収まりそうで安心しました。
費用はどれくらいかかりそうですか??

地域によって変わってきます。
しっかり積算をしてみないとわからない部分はありますが、400~600万円といったところでしょうか。
一度正式に積算させていただければと思いますので、コンテナサイズを正確に把握できる資料を送っていただければと思います。

コンテナのメーカーにカタログを送付してもらいます。
ありがとうございました。

こちらこそありがとうございました!

関連動画

BACK 一覧に戻る

CONTACT

防音アドバイザー 並木勇一チャンネル 防音のプロが正しい情報を発信
プロならではの性能測定を行った検証動画や
すぐに役立つ防音のノウハウも公開しています

音についての悩みを相談したい方は
YOUTUBEチャンネルのコメント欄に記載ください