03-4400-7678 お問い合わせ 施工事例

オフィスの防音で最初に知るべきこと

今回は、ご相談の多いオフィスの防音についてです。

お悩みとして最も多いのは、「隣の会議室の話が筒抜けで困っている」といった問題です。
特に既存の会議室の防音対策は思った以上に難しい問題を抱えています。

なぜ会議室の防音が難しいのか?
その理由をまず知りましょう

アクセスフロアの落とし穴

 

オフィスの防音の難しさは、ビルの構造上の問題が大きく関係しています。

多くのオフィスが床の下に空間を設けてネットワーク配線や電源ケーブル通すアクセスフロアを採用しています。
アクセスフロアの上に会議室を作るので、床下は全て1つの空間として繋がっている状態にあります。

天井も同じです。
天井の裏も照明用のケーブルやエアコン、空調ダクト等これらが収納できる様に大きな空間が保たれていて、その空間はフロア全体が一つに繋がっています。

つまりオフィスに壁を作り、会議室や執務室を作ったとしても、その床と天井の裏側は同じ空間で繋がっている状態にあるのです。

この様な状態のまま、壁だけを厚くして防音しようとしても床と天井から音は筒抜けになっているので、音漏れは防げません。

以前、防音室の風呂桶理論で説明した様に、防音室を作るとき、部屋の一部、例えば壁だけ防音性能の高いものに変えても音漏れは防げません。むしろまったく意味がない工事になってしまいます。

既存の会議室の防音工事のハードル

では、天井も床も防音工事をすればいいのではないかと思うかもしれません。

しかし、後から手を加えて防音の工事するには、テナントビルの建築基準をクリアする必要があったり、消防法の理由で密室を作ることが禁止されているなど、建物の法令遵守も関わる工事となり、それに関連する様々な問題が発生し、実際にはとても手間と時間がかかる難しい工事になります。

コストも予想の何倍もかかるケースがほとんどで、ハードルが高い工事になってしまうのです。

オフィスの防音の最善策

オフィスの防音はリモート会議が増える昨今、円滑な業務を進めるためにも大切な要素になります。

防音室は後付けで設置するのにはハードルが高すぎるので、やはり一番の最善策はオフィスを新しく新築する時や移転する時、新たに建築デザイナーさんに依頼してデザインするその時に防音会社や専門家を交えて一緒に考え作っていくことが一番の方法となります。

オフィス設計でコスパ良く防音する方法

オフィス設計時に上手くいく防音の心得を紹介します

会議室と会議室はくっつけない!

 

隣の会議室の声が聞こえてしまうのは、一枚の薄いパネル壁を挟んで会議室を並べてしまっているからに他なりません。

例えば会議室と会議室の間にストックスルームを作り書類や文具の保管庫にする。これだけでも、かなり音漏れには効果があります。

また、会議室と会議室の間に廊下を設けることも有効です。

床下と天井裏を間仕切りする

オフィスの防音で一番の障害となるのが最初にお話しした床下と天井の空間です。
フロアを一つに繋いでいるこの空間を設計の段階でしっかりと間仕切りする事ができれば人の話し声はほぼ防ぐ事が可能です。

もちろん床下、天井裏には色々な配線が通っていますので、それを考慮した上での間仕切りが必要になってきます。更には建築基準や消防法がクリアできる事が大前提になります。

防音工事が要らないサウンドマスキング

そんな事言われても、今あるオフィスの音漏れをどうにかしてほしい! と思われている方が多いかと思います。

そんな時におすすめなのが、防音工事が要らない、サウンドマスキングという方法です。これは、天井にスピーカーを設置して、そこからノイズになるサウンドを流し、音漏れを聞き取りにくくするシステムです。

一般的な会話の音量であればこちらで解決できる事もありますので、サウンドマスキングの会社さんにご相談されるのをおすすめします。

まとめ

せっかく作るオフィスです。見た目のデザインやインテリアに全ての予算を割くのではなく、業務に支障が出ない防音性能を持った会議室の設置という視点を最初に持ってるかどうかが、後から後悔のない働きやすいオフィスになるかどうかの分かれ道となります。

・オフィスは音が防ぎにくい構造をしている
・壁だけ防音資材に変えても音は漏れる
・後付けの防音は法規上難しいことも
・施工段階から防音を意識した設計にする
・防音工事がいらないサウンドマスキングの検討を


 

この内容はYoutubeでも配信させていただいております。
よりわかりやすくお話しさせていただいておりますので、ぜひご覧ください。

Youtube  Budsceneチャンネル

BACK 一覧に戻る

CONTACT

防音アドバイザー 並木勇一チャンネル YouTubeで防音について
動画でわかりやすく情報発信しています